東急建設、ミャンマーで「ヤンゴン市 新タケタ橋建設工事」を受注

更新323

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 東急建設、ミャンマーで「ヤンゴン市 新タケタ橋建設工事」を受注

東急建設、ミャンマーで「ヤンゴン市 新タケタ橋建設工事」を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月02日 15:30

橋の建設工事を受注
東急建設は、4月1日、ミャンマー連邦共和国のヤンゴン市において、日本政府の無償資金協力による「ヤンゴン市 新タケタ橋建設工事」を受注したことを発表した。

完成においては、物流・旅客輸送の時間短縮による輸送コスト削減だけでなく、地域住民の生活改善にも期待が寄せられる。

受注概要
「ヤンゴン市 新タケタ橋建設工事」は、ミャンマー連邦共和国 建設省 公共事業局より受注し、日本の建設会社である東洋建設、およびIHIインフラ建設との共同企業体にて施工を行う計画だ。

橋梁には、PCエクストラドーズド橋と呼ばれる形式を採用。工事延長は620メートル、橋長は253メートルで4車線。鋼管矢板井筒基礎工事を進め、直径1,000ミリメートルの場所打杭、直径1,200ミリメートルの鋼管杭を打ち込む予定である。

なお、工期は35カ月で、2018年2月の完成をめざす。

ミャンマー国の経済発展に貢献
東急建設は、アジア各国において、工場建設や、幹線道路の渋滞緩和事業等、多数のプロジェクトを手掛けてきた。

同社は、今回の新タケタ橋を通じ、人やモノの流れの円滑化、さらには、ヤンゴン都市圏やミャンマー国全体の経済発展に貢献していくかまえだ。

(画像はニュースレターより)


▼外部リンク

東急建設 ニュースレター
http://www.tokyu-cnst.co.jp/index/download

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る