東洋エンジニアリング、宮崎県で96メガワットの太陽光発電設備を受注

更新722

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東洋エンジニアリング、宮崎県で96メガワットの太陽光発電設備を受注

東洋エンジニアリング、宮崎県で96メガワットの太陽光発電設備を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月06日 17:30

パシフィコ・エナジーから宮崎県のメガソーラーを一括受注
東洋エンジニアリングは4月2日、パシフィコ・エナジーより「パシフィコ・エナジー細江メガソーラープロジェクト」を受注したと発表した。

パシフィコ・エナジーが宮崎県宮崎市細江で進める96メガワットの大規模太陽光発電設備プロジェクトで、発電施設の設計から機器や資材の調達、工事、試運転までを請け負う。2018年春の完成予定で、発電した電力はすべて九州電力に売電される。

パシフィコ・エナジーから受注量は合計170メガワット
東洋エンジニアリングは既に、パシフィコ・エナジーのメガソーラープロジェクトのうち、岡山県久米郡の32メガワット発電施設と、岡山県美作市の42メガワット発電施設の一括工事を受注し、現在建設にとりかかっている。

これに今回のプロジェクトを加えると、合計170メガワットの大型太陽光発電設備プロジェクトをパシフィコ・エナジーから受注したことになる。

東洋エンジニアリングでは今後も、地球環境の保全を目指し、再
生可能エネルギー事業に取り組んでいく方針だ。

(画像は、東洋エンジニアリングのホームページより)


▼外部リンク

東洋エンジニアリング株式会社のニュースリリース
http://www.toyo-eng.com/jp/ja/company/news

プロジェクト紹介 - パシフィコ・エナジー株式会社
http://www.pacificoenergy.jp/project/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る