DTS、建築用3Dプレゼンソフトと閲覧サービスを拡充

更新330

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. DTS、建築用3Dプレゼンソフトと閲覧サービスを拡充

DTS、建築用3Dプレゼンソフトと閲覧サービスを拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月27日 18:15

「Walk in home15」を新発売
DTSは3月25日、建築用3Dプレゼンテーションソフト「Walk in home」を軸としたハウジングソリューションを拡充すると発表した。

まず4月1日より、「Walk in home」の最新版「Walk in home15(ウォークインホーム・フィフティーン)」の販売を開始。省エネ基準の改正に対応した「低炭素住宅対応・省エネルギー基準判定機能」が新たに搭載されている。

施主がスマホやタブレットから3D情報を閲覧
「Walk in home15」の発売に続き、市販のスマートグラスなどとiPadを連携させ、「Walk in home15」による3D住宅のプレゼンテーションを再現するサービスの提供を開始する。

さらに、クラウドサーバー上で「Walk in home15」の3Dグラフィックが閲覧できるバーチャル展示場「Walk in home PLAZA」を、スマートフォンやタブレットに対応させる。

これにより施主はいつでもどこでも、手持ちのモバイル端末などを利用して、手軽に設計内容を確認できるようになった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社 DTSのプレスリリース
http://www.dts.co.jp/upload/pdf/press_150326.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る