日本アジアグループ、エチオピアで小水力発電事業を実施

更新725

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日本アジアグループ、エチオピアで小水力発電事業を実施

日本アジアグループ、エチオピアで小水力発電事業を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月23日 15:00

落差の少ない水路でも設置可能な発電システム
日本アジアグループは3月19日、子会社のシーベルインターナショナルが、UNIDO(国際連合工業開発機構)と「アフリカエチオピアプロジェクト」の正式契約を結んだと発表した。

シーベルインターナショナルは、水流を利用した超低落差型のマイクロ水力発電システム「ストリーム」を開発。主にアジアやアフリカなどの新興国に向けて供給を行う、小水力発電システム会社である。

無電化村200世帯などに電力を供給
「アフリカエチオピアプロジェクト」は、エチオピアの無電化村約200世帯と無電化学校に電力を供給するための事業。

定格発電約20キロワットの「ULTRA LOW-HEAD MICRO HYDROPOWER SYSTEM for mini grids(超低落差マイクロ水力発電システム 独立電源ミニグリッド)」を1ユニット設置し、電力を供給する。このシステムは、落差の少ない水路でも設置できるのが最大の特徴だ。

4月には設置が完了し、日本政府、エチオピア政府、国連による設置完了セレモニーが開催される予定だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

日本アジアグループ株式会社のニュースリリース
http://www.japanasiagroup.jp/cms/pdf/1009/2015-03-19.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る