ラックランド、宮城県で新業態スーパーの躯体・外装工事に着手

更新724

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ラックランド、宮城県で新業態スーパーの躯体・外装工事に着手

ラックランド、宮城県で新業態スーパーの躯体・外装工事に着手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月17日 18:00

大型商業施設『フーズガーデン玉浦 食彩館』
2015年3月9日、株式会社ラックランドは、宮城県岩沼市にて新業態スーパー『フーズガーデン玉浦 食彩館』の躯体・外装工事に着手したことを明らかにした。

『フーズガーデン玉浦 食彩館』は地元スーパーマーケット「イトーチェーン」が建築主となり、市のバックアップのもと、約5千坪の復興産業集積地域に建設される。地元食材を扱う産直コーナーとフードコートのほか、ふれあい広場や屋外イベントスペースなども併設され、新業態スーパーとして注目が集まっている。

同社は同スーパーの新築工事を受注し、昨年基礎工事を完了していた。竣工は2015年初夏を予定している。

震災復興と防災を意識した施設に
宮城県岩沼市は東日本大震災で壊滅的な被害を受けた。現在、内陸に3キロ入った玉浦地区に新しい街づくり計画が進行中となっており、同スーパーもこのエリアに建設される。

事業の内容としては地元の農家・漁業従事者を重視し、地域活性化や雇用促進などに寄与する仕組みを目指す。また敷地内には災害時の緊急用飲料水を備蓄した大型タンクも建設されるという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社ラックランド プレスリリース
http://www.luckland.co.jp/company/news/files/20150309.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る