住友建機、2011年排ガス規制に対応したホイール式アスファルトフィニッシャを発売

更新722

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 住友建機、2011年排ガス規制に対応したホイール式アスファルトフィニッシャを発売

住友建機、2011年排ガス規制に対応したホイール式アスファルトフィニッシャを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月13日 10:00

エコ仕様のアスファルト舗装建設機
住友建機株式会社は2015年3月3日、特定特殊自動車2011年排出ガス規制に対応したホイール式アスファルトフィニッシャ「HA50W-8」を発売した。

「HA50W-8」は、道路舗装での使用はもちろん、駐車場などの小規模な現場でも対応するコンパクトな車体を持つ、搭乗式アスファルトフィニッシャ舗装建設機)。

外部からの力に対し歪みが少ない高剛性で、2.3m~5mの範囲で延長スクリードを必要とせず無段階に伸縮することができる、独自開発の3連伸縮スクリード「J・Paverスクリード」を搭載。より高精度な舗装を実現する。

3台のカメラからの映像を独自技術で合成する「FVM」
また、操縦性を考慮した7インチのカラーモニターを運転席に採用。環境省の特定特殊自動車排出ガス規制法に適合し、環境にも配慮した新型クリーンエンジン「SPACE5+(スペースファイブ プラス)」や作業時の燃費低減をサポートするエコモードの搭載により、燃費性能や環境性能も向上した。

さらに、国土交通省によって整備されたデータベースであるNETIS(ネティス)Vに登録された、独自開発の安全システム「フィールドビューモニター(FVM)」をオプション設定。

メンテナンス面では、遠隔稼働管理システムの「G@Nav(ジーナビ)」を標準装備することで、安心稼働をサポートする。TV仕様は4400万円、V仕様は4100万円。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

3月3日 アスファルトフィニッシャ「HA50W-8」の発売について
http://www.sumitomokenki.co.jp/news/2015/150303.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る