防火ドア・窓に新タイプを追加して発売、YKK AP

更新728

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 防火ドア・窓に新タイプを追加して発売、YKK AP

防火ドア・窓に新タイプを追加して発売、YKK AP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月10日 16:00

防火ドア・窓を新たにラインナップ
YKK AP株式会社が4月20日から「防火ドアGシリーズ」に「スライディングドア」、6月1日からは「防火窓Gシリーズ」に「スリット窓」をそれぞれ追加して発売を開始する。

防火窓・ドアは、関東・関西・中部など主に都市部では、約2割という比率で必要とされているものだ。今回新たに発売する「防火ドアGシリーズスライディングドア」と「防火窓Gシリーズスリット窓」は、国土交通大臣認定防火設備であるということが最大の特徴だ。

そのうえでデザイン性や利便性、防犯性を兼ね備えており、都市型住宅に最適となっている。

都市部に対応したデザイン性
「防火ドアGシリーズスライディングドア」は、防火エリアの都市型住宅に最適な防火ドアだ。軽快な開閉動作を実現した上吊り機構の防火玄関スライディングドアとなっているため、限られた敷地での設計の自由度を高めることが可能だ。

また都市部では敷地面積が限られるため、開きドアの開閉に必要なスペースが設けられていない場合が多々ある。しかしスライディングドアであれば外側へ扉を開く必要がないため、スペースが狭い住宅でも設置できる。

「防火窓Gシリーズ スリット窓」は、「防火窓Gシリーズ」にスリット窓を追加し、窓種ラインアップの充実を図る。デザイン性や防犯性はもちろんのこと、プライバシーに配慮しながらの採光・通風等、幅広いニーズに対応可能だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

YKK AP株式会社 ニュースリリース
http://www.ykkap.co.jp/company/japanese/news/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る