三菱日立パワーシステムズ、フィリピンで地熱発電所をリハビリ工事

更新222

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. 三菱日立パワーシステムズ、フィリピンで地熱発電所をリハビリ工事

三菱日立パワーシステムズ、フィリピンで地熱発電所をリハビリ工事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年02月18日 15:00

3基の蒸気タービンを最新設計にリニューアル
三菱日立パワーシステムズは2月17日、フィリピンのトンゴナン地熱発電所1~3号機のリハビリ工事を受注したと発表した。2017年2月の完成を目指す。

リハビり工事の発注者は、エナジー・デベロップメント社(Energy Development Corporation)傘下のグリーン・コア・ジオサーマル社。エナジー・デベロップメントは、地熱発電先進国であるフィリピンにおいて、世界最大規模となる115万9,000キロワットの地熱発電設備を誇る大手再生エネルギー企業である。

また、今回リハビリ工事を実施するトンゴナン地熱発電所はフィリピン中部、レイテ島の港湾都市オルモック近郊に位置し、1~3号機の出力はそれぞれ3万7,500キロワット。三菱日立パワーシステムズが1981年に納入した3基の蒸気タービンを、最先端設備に更新する。

2013年の大型台風の被害残るレイテ島の発電施設
地熱発電は、地中の深くに存在するマグマ溜まりのエネルギーから蒸気を取り出し、タービンを回転させることで発電する。地熱はCO2排出量が少ないクリーンエネルギーのなかでも、天候などの影響を受けにくい安定したエネルギー資源として注目を集めている。

また、トンゴナン地熱発電所が立地するレイテ島は2013年11月、超大型台風が直撃して甚大な被害を受けた。三菱日立パワーシステムズは今回のリハビリ工事を通じて安定した電力を地域に供給することで、いまなお台風災害の爪痕を残すレイテ地方の復興に貢献する方針だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

三菱日立パワーシステムズ株式会社のニュースリリース
http://www.mhps.com/news/20150217.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る