新日鉄住金エンジニアリング、堺市で大型物流施設の建設工事を受注

更新328

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 新日鉄住金エンジニアリング、堺市で大型物流施設の建設工事を受注

新日鉄住金エンジニアリング、堺市で大型物流施設の建設工事を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年02月13日 14:00

旧新日鐵住金の社有地に、高機能物流施設を建設
新日鉄住金エンジニアリングは2月12日、柳プロパティーズより、大型物流施設の建設工事を受注したと発表した。柳プロパティーズは伊藤忠商事とMapletree Groupの共同事業会社である。

建設場所は大阪府堺市の旧新日鐵住金の社有地。阪神高速4号湾岸線、三宝ICのすぐ近くに位置し、多様な物流ニーズに対応できる有利な立地だ。

新たに建設する施設は鉄骨造地上4階建ての、「(仮称)堺物流センター」。床面積は約12万5000平米。各階にトラックバース、両サイドにはランプウェイを配置するマルチテナント型の施設だ。

建築・鋼構造事業部が設計・施工を請け負い、2016年7月の完成を目指す。

独自の技術を生かし、低コストで高機能な設計を実現
新日鉄住金エンジニアリングは鋼構造が得意分野。構造躯体に大きく依存する大型物流施設の設計・施行で実績を積んできた。

設計に際しては独自の構造設計を活用し、地震エネルギーを効率よく吸収する制振用ダンパー約400本使用。耐震構造並みの制振構造を有する施設を、低コストで実現した。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

新日鉄住金エンジニアリング株式会社のニュースリリース
http://www.eng.nssmc.com/news/detail/243

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る