物流施設「(仮称)野田物流センター」の建設工事を開始 新日鉄住金エンジニアリング

更新220

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 物流施設「(仮称)野田物流センター」の建設工事を開始 新日鉄住金エンジニアリング

物流施設「(仮称)野田物流センター」の建設工事を開始 新日鉄住金エンジニアリング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年02月06日 14:15

大型物流施設の建設工事を開始
新日鉄住金エンジニアリングは、2月5日、千葉県野田市において、大型物流施設「(仮称)野田物流センター」の建設工事に着手したことを発表した。

なお、伊藤忠商事とMapletree Groupの共同事業会社である欅プロパティーズより施工と設計を受注。

今回の受注を含め、この分野における受注実績は33件、総延べ床面積で150万平方メートルを超えることとなる。

施設の概要
「(仮称)野田物流センター」は、鉄骨造地上4階建て、床面積約74,000平方メートル。マルチテナント型として、1~3階にトラックバースと片側にランプウェイを備える計画だ。

設計では、独自の構造設計も用い、地震エネルギー吸収能力の高い制振用ダンパーを約180本使用。耐震構造並みの低コストで高品質な制振構造を実現するという。

なお、工期は13カ月、竣工は2016年2月を予定している。

重点営業対象は物流施設
新日鉄住金エンジニアリングは、鋼構造分野に大きな強みを持ち、特に構造躯体のウェイトが高い大型物流施設を得意としている。

今後も顧客ニーズに応えるべく、得意分野をいかし、ワンランク上の建物を短納期で安価に提供していく方針だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

新日鉄住金エンジニアリング ニュースリリース
http://www.eng.nssmc.com/news/detail/242

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る