マツダがタイの新トランスミッション工場で量産を開始

更新728

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. マツダがタイの新トランスミッション工場で量産を開始

マツダがタイの新トランスミッション工場で量産を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年01月20日 15:00

グローバル年間生産能力154万基に
マツダ株式会社は1月13日、タイ王国チョンブリ県に建設した新工場「Mazda Powertrain Manufacturing(Thailand)Co.,Ltd.」でトランスミッションの量産を同日より開始したと発表しました。

同工場で生産を開始したのは新型自動変速機「SKYACTIV-DRIVE」である。

これは、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立する同社の新世代技術「SKYACTIV技術」の一つで、同工場の稼働によってグローバル年間生産能力は山口県の防府工場と合わせて約154万基となる。

同工場で生産されたトランスミッションは、タイのオートアライアンスを含むグローバル生産拠点で、新型「Mazda2」、新型「Mazda3」「マツダ CX-5」などに搭載されるということだ。

SKYACTIV技術を搭載
同社は2012年2月に「構造改革プラン」を発表しており、この中で重要施策の一つとして掲げた「グローバル生産体制の再構築」を推進している。

今回のトランスミッションの量産はこの一環であり、今後はSKYACTIV技術を搭載した車両の導入を計画中で、2016年3月期にはマツダ車に占めるSKYACTIV技術搭載車の比率が85%を超える見通しであるということだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

マツダ ニュースリリース
http://www.mazda.com/jp/publicity

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る