五洋建設、香港地下鉄の海底トンネル工事を受注

更新1023

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 五洋建設、香港地下鉄の海底トンネル工事を受注

五洋建設、香港地下鉄の海底トンネル工事を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年01月06日 18:00

663億円の地下鉄工事に参画
五洋建設は1月5日、香港鐡路有限公司から地下鉄シャーティン・セントラル線の海底トンネル建設工事を受注したと発表した。

香港のChina State Construction Engineering (Hong Kong) Ltd社と共同で受注したもので、受注総額は日本円で約663億円。このうち五洋建設の受注額は約338億となる。

地下鉄シャーティン・セントラル線は、現在香港が3兆円をかけて進めている10大インフラプロジェクトの1つ。ビクトリア湾に海底トンネルを巡らせ、九龍半島のシャーティン駅と香港島のアドミラルティ駅を結ぶ。

海底トンネルは九龍半島側はホンハム地区、香港島側はコーズウェイベイ地区をつなげるもので、ビクトリア湾に11函の沈埋函を接合させる工事を行う。完成は2020年末の予定だ。

香港10大インフラプロジェクトのうち5件に参加
五洋建設は1986年に香港に進出。以来、数々の大型工事に参画してきた。香港10大インフラプロジェクト関連でも、2013年に竣工した「カイタッククルーズターミナル建設工事」を始め、今回の海底トンネル建設工事を含めて5件を手がけている。

今後も香港を海外事業の需要マーケットの一つに位置づけ、精力的に営業展開を行っていく方針だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

五洋建設株式会社のニュースリリース
http://www.penta-ocean.co.jp/news/2015/150105.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る