日本ロジスティクスファンド投資法人、「八千代物流センター」の再開発事業を完了

更新429

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 日本ロジスティクスファンド投資法人、「八千代物流センター」の再開発事業を完了

日本ロジスティクスファンド投資法人、「八千代物流センター」の再開発事業を完了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月24日 08:00

首都圏全域への広域配送拠点としてのニーズも期待
日本ロジスティクスファンド投資法人(JLF)は、千葉県八千代市で進めていた「八千代物流センター」の再開発事業完了に伴い、2014年12月17日、竣工式を同施設内にて執り行ったことを発表した。

4階建て・床面積約58,000平米の大規模マルチテナント型物流施設で、千葉県を中心とした地域配送に加え首都圏全域への広域配送拠点としてのニーズも期待できる施設。八千代エリアの工業団地内に位置し、24時間操業と労働力確保の容易さという物流業務に適した立地条件を兼ね備える。

J-REIT初となる保有物件の全面的な再開発事業
「八千代物流センター」は、綿密なプロジェクトマネジメントによりJ-REIT初となる保有物件の全面的な再開発事業。

テナントは、1階については衛生陶器製造で日本トップシェアを誇るTOTOと期間7年の定期建物賃貸借契約を締結。また、2階から4階についてはサードパーティーロジスティクス事業で国内トップクラスの事業規模を誇る日立物流と期間10年の定期建物賃貸借契約を締結している。

JLFは、今回の八千代物流センターにおける再開発の成功により、「J-REIT自らが行う再開発」を外部成長(物件取得)、内部成長(賃料上昇)に続く第三の成長戦略として確立することができたと考えており、今後も継続的に保有物件の再開発を進めていく方針としている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日本ロジスティクスファンド投資法人 プレスリリース (ValuePress!)
http://www.value-press.com/pressrelease/135425

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る