インドネシアにおける製油所改修プロジェクトに参加 JX日鉱日石エネルギー

更新330

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. インドネシアにおける製油所改修プロジェクトに参加 JX日鉱日石エネルギー

インドネシアにおける製油所改修プロジェクトに参加 JX日鉱日石エネルギー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月12日 17:00

製油所能力増強プロジェクトのパートナーに
JX日鉱日石エネルギーは、12月10日、インドネシアの国有企業であるプルタミナと、バリクパパン製油所(カリマンタン島東部)改修プロジェクト推進に向けた共同検討を開始すべく、ジャカルタにて、覚書を締結したことを発表した。

インドネシアでは、経済成長に伴い、国内の石油精製能力が不足していることから、プルタミナは5カ所の製油所の能力を増強するため、改修プロジェクトを遂行するパートナーを募集していたという。

国際競争力のある製油所に改修
プルタミナは、インドネシア国内において57年間にわたり、石油や液化天然ガス(LNG)事業のパイオニアとしてビジネスを展開している。

バリクパパン製油所は、現在日量22万バレルの原油処理能力を有しており、JX日鉱日石エネルギーは、今後プルタミナと共同で、製油所の合弁会社化や製品の販売方法を含め、プロジェクト推進に向けて検討していく計画だ。

なお、改修後は、日量36万バレルに増強され、国際競争力のある製油所へと生まれ変わることになる。

海外事業を強化
JX日鉱日石エネルギーは、海外における燃料油事業の強化・拡大の一環として、インドネシアにおける市場環境をビジネスチャンスと捉えてきた。

同社はこれからも、アジア域内を中心に広がるエネルギー需要に注目し、燃料油販売事業をはじめ、海外事業の強化に取り組む方針である。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

JX日鉱日石エネルギー ニュースリリース
http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2014/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る