セガサミー、韓日合弁カジノリゾート着工

更新926

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. セガサミー、韓日合弁カジノリゾート着工

セガサミー、韓日合弁カジノリゾート着工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月23日 20:00

「パラダイスシティ」着工
セガサミーホールディングスは、大韓民国においてカジノ運営等の経営を行っているパラダイスグループと設立した合弁会社、パラダイスセガサミーが、11月20日に韓国初の本格的統合リゾート「パラダイスシティ」に着工したことを公表。2017年上半期に完工予定で、約1兆3000億ウォン(約1380億円)が投じられる。
韓国カルチャーの一大発信拠点として
パラダイスシティは、仁川国際空港より徒歩10分の距離に位置し、将来、空港から運行予定の鉄道の駅にも直結するなど交通アクセスに優れている。

また、330,000㎡の敷地内には、711室のラグジュアリーホテル、デザイナーズホテル、外国人専用カジノ、商業施設、コンベンションホール、プレミアムスパなどを取り揃えており、大人から子供まで幅広い年齢層に楽しんで頂ける韓国初の本格的な統合型リゾートとなる。

さらに文化ホールが敷設され、ライブイベントやショッピングゾーン等を通じ韓流コンテンツの提供を図る計画で、韓国カルチャーの一大発信拠点としての機能も有している。

相乗効果によって創出される、新しい統合型リゾート
パラダイスシティは、韓国パラダイスグループが40年に亘りカジノ施設運営および観光業など様々な事業を手掛けて蓄積した経験とノウハウを最大限に生かす施設となっている。

そして、セガサミーホールディングスの多様なエンタテインメントを生み出す企画開発力を融合し、他に類をみない全く新しい統合型リゾートの創出を目指す。

同社は、統合型リゾート(IR)事業を今後の成長分野の一つとして位置付け、パラダイスシティから高い収益獲得を目指すとともに、本プロジェクトを通じて統合型リゾート(IR)の開発・運営に必要不可欠なあらゆるノウハウ・知見をグループ内に蓄積し、更なる事業・収益の拡大に結び付ける考えでいる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

セガサミーホールディングス プレスリリース
http://www.segasammy.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る