オリンパス、官公庁などの新基準に対応した「蔵衛門 御用達15」を発売

更新720

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. オリンパス、官公庁などの新基準に対応した「蔵衛門 御用達15」を発売

オリンパス、官公庁などの新基準に対応した「蔵衛門 御用達15」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月19日 12:30

簡単操作で工事写真台帳を素早く作成
オリンパスイメージングは12月5日、工事写真管理ソフト「蔵衛門 御用達 15」シリーズを発売する。NECソリューションイノベータ、ルクレと共同開発した工事写真管理ソフトで、ドラッグ・アンド・ドロップで操作して簡単に工事写真台帳の作成や印刷ができる。

「蔵衛門 御用達 15」シリーズ主な特徴は次の4つ。まず、電子納品出力機能を強化し国土交通省、農林水産省、NEXCO、首都高速道路の新基準及び要領に対応した。

2番目の特徴は、「データ活用機能」。アルバムに登録されている写真や情報をExcelファイルに出力できる。

3番目の特徴は、「まとめ入力機能」。工事写真に添える工事情報等の文章入力を、使い慣れたExcelで行える機能で、煩雑な工事情報の入力が効率的に行えるようになった。

4番目の特徴は、写真整理が簡単にできる「写真振り分け」機能が、工事写真用カメラの最新モデル「TG-3工一郎」にも対応したこと。登録したカメラで「写真振り分け情報」を選択して撮影すると、写真に振り分け情報が添付され「蔵衛門 御用達」に取り込むときに、自動的にフォルダへ分配される。

「Professional」版は官公庁などの新基準に対応
「蔵衛門 御用達 15」シリーズは「Professional」版と「Standard」版の2タイプのラインナップ。

「Professional」版は、1番目の特徴である官公庁の最新要領やNEXCO、首都高速道路の基準などに準拠したデータ形式での入出力が利用できる。

さらに、共同企業体間などでデータの共有、管理が行えるデータ共有機能、スタイルシートを使ったデータ参照機能なども備える本格仕様となっている。

対象OSはWindows 8.1、Windows 8、Windows 7(いずれも32bit版/64bit版)、Windows Vista(32bit版)

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

オリンパスイメージング株式会社のニュースリリース
http://www.olympus.co.jp/jp/news

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る