日立建機、オフロード法2014年基準対応の新型マカダムローラーを新発売

更新724

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日立建機、オフロード法2014年基準対応の新型マカダムローラーを新発売

日立建機、オフロード法2014年基準対応の新型マカダムローラーを新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月05日 17:00

排出ガス規制に対応
日立建機は、11月4日、新型マカダムローラZC125M-5(運転質量10,125キログラム)を11月7日から発売することを発表した。

なお、新製品は、国土交通省の超低騒音型建設機械指定機であり、特定特殊自動車排出ガス規制の2014年基準に適合した環境配慮型機械である。

新製品の概要
新製品は、欧州視界基準をクリアし、乗り降りも簡単。赤外線を利用した安全補助装置「後方ガードセンサ」を標準装備しているため、人や物を検知することができ、安全性を向上させた。

また、作業性もアップ。HST駆動の採用で、滑らかな発進・停止が可能。直進インジケータランプは、車体がまっすぐな状態を知らせ、走行連動機能は、走行停止時に散水を停止することができる。

さらに、インペラ式を採用することで散水ポンプ詰まりを軽減し、ノズル詰まり時の清掃も簡単にするなど、日常のメンテナンス性も向上させたという。

販売目標は50台
日立建機では、新型マカダムローラZC125M-5について、道路工事など様々な現場の転圧作業での活躍を期待している。

なお、販売目標は、国内外合わせ年間50台だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日立建機 プレスリリース
http://www.hitachi-c-m.com/global/jp/news/press/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る