IHIインフラシステム、ラオス最大級の水力発電所水門鉄管工事を受注

更新222

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. IHIインフラシステム、ラオス最大級の水力発電所水門鉄管工事を受注

IHIインフラシステム、ラオス最大級の水力発電所水門鉄管工事を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月30日 17:00

ラオス中部のナムニアップ川にダム建設
IHIインフラシステムは10月29日、ラオス人民民主共和国のナムニアップ1パワー・カンパニー・リミテッド社より、ナムニアップ1水力発電所プロジェクトの水門鉄管工事を受注したと発表した。

IHIインフラシステムが受注した主な設備は、スピルウェイゲート4門、インテイクゲート2門、ドラフトゲート2門、水圧鉄管2条などの製作、輸送、据え付けなど。既に10月17日に着工しており、2019年1月に完成させる予定だ。

(画像はニュースリリースより)

黒部ダムの11倍の貯水量を誇る大規模ダム
ナムニアップ1水力発電プロジェクトは、ラオス中部のボリカムサイ県ボリカン郡に流れるメコン川の支流・ナムニアップ川にて建設が進められている水力発電事業である。

高さ148m、堤頂長530mのダムと、出力約27万kWと約2万kWの発電所で構成される。主ダムの総貯水量は、黒部ダムの11倍なる約22億立法メートル。完成すれば、ラオス最大規模のコンクリートダムとなる。

完成後はナムニアップ1パワー・カンパニー・リミテッド社がラオス政府と交わした事業権契約に基づき、電力の大半をタイ電力公社に27年間にわたり売電するほか、一部はラオス電力公社にも売電する。


▼外部リンク

株式会社IHIインフラシステムのニュースリリース
http://www.ihi.co.jp/iis/infor/141029.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る