ホーム・エネルギー・マネジメント・システム「ナビエ」を開発、デンソー

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ホーム・エネルギー・マネジメント・システム「ナビエ」を開発、デンソー

ホーム・エネルギー・マネジメント・システム「ナビエ」を開発、デンソー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月08日 11:00

ホーム・エネルギー・マネジメント・システム「ナビエ」
株式会社デンソーがホーム・エネルギー・マネジメント・システムの新モデル「ナビエ(Naviehe)」を開発したと発表した。

ユーザーのタブレット端末からHEMSの操作を行うことができ、機能アイコンを集めることによって調べたい画面にすぐに移ることができるようになった。

(画像はプレスリリースより)

天気予報に合わせて蓄電が可能
また電力ピークカット機能を搭載しているため、ユーザーが事前に設定した電力量を超えそうな場合にはユーザーが選択した順番で機器の電源を自動でオフすることができる。

トップ画面ではエネルギーの使用状況や、電気代などがすぐ確認できるようになっているため省エネを常に意識することが可能だ。

蓄電池とセットで使うことによって、生活スタイルに合わせたエネルギーマネジメント機能ができる。例えば地産地消モードを選択している時には天気予報によって太陽光の発電量を予測し最適な蓄電を行う。

ナビエはエコキュートなどとの連携や、ECHONET Liteに対応しているエアコンなどメーカー製品とも接続ができる。接続した各製品とは、スマートフォンなどを使って外部からでもオン・オフの操作が可能だ。

なおデンソー独自のアップデート用サーバーにアクセスすれば、ナビエの内蔵ソフトウェアをオンラインでアップデートできる。

ナビエは11月から販売を開始、2015年1月に出荷する予定だ。


▼外部リンク

株式会社デンソー ニュースリリース
http://www.denso.co.jp/ja/news/newsreleases/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る