社会インフラ用点検装置「橋梁点検ロボットカメラ」が新発売

更新222

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. インフラ>
  4. 社会インフラ用点検装置「橋梁点検ロボットカメラ」が新発売

社会インフラ用点検装置「橋梁点検ロボットカメラ」が新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月01日 18:00

「橋梁点検ロボットカメラ」を発売開始
日立産業制御ソリューションズは、9月30日、三井住友建設と共同で開発した社会インフラ用点検装置「橋梁点検ロボットカメラ」を同日より販売開始することを発表した。

現在、日本の橋梁は老朽化がすすんでおり、災害対応などの観点から、効率的な点検調査が求められている。

(画像はニュースリリースより)

新製品の概要
「橋梁点検ロボットカメラ」は、目視で確認するには困難な場所において、伸長可能なポールに設置したカメラと、カメラを操作するタブレットPCを用いることで、橋の点検を安全かつ効率的に行うシステムだ。

両社は、点検作業を実施している会社の市場調査結果をもとに開発。懸垂型・高所型・懸垂型+高所型の3モデルを用意した。

作業者は、光学倍率30倍のカメラとクラックスケールにて、ひび割れも割れ幅も調査できるだけでなく、安全な場所で、簡単な操作のみで点検ができるという。

販売目標は200台
両社は、今回の製品化について、社会インフラの維持管理及び災害対応の効率化・迅速化に貢献するものと位置づけている。

なお、全国に販売を拡充し、2014年度、3モデル合計販売台数200台をめざす。


▼外部リンク

日立産業制御ソリューションズ ニュースリリース
http://www.hitachi-ics.co.jp/product/newsrel/2014-09

三井住友建設 ホームページ
http://www.smcon.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る