茨城県稲敷市に2MWの大規模太陽光発電所「蒲ヶ山ソーラーウェイ」が竣工

更新625

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 茨城県稲敷市に2MWの大規模太陽光発電所「蒲ヶ山ソーラーウェイ」が竣工

茨城県稲敷市に2MWの大規模太陽光発電所「蒲ヶ山ソーラーウェイ」が竣工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月19日 17:00

大規模太陽光発電所が完成
日本アジアグループは、9月18日、グループ傘下のJAG国際エナジーが、「蒲ヶ山ソーラーウェイ」を完成させ、竣工式を執り行ったことを発表した。

JAG国際エナジーは現在、全国の未利用地や遊休地を太陽光発電所として再生する取り組みを積極的に展開中だという。

(画像はニュースリリースより)

メガソーラー発電所の概要
「蒲ヶ山ソーラーウェイ」は、茨城県稲敷市蒲ヶ山の民間所有の遊休地約30,000平方メートルを活用し、東芝プラントシステムにより建設されたメガソーラー発電所である。 

パネルは東芝製を採用し、8,176枚設置した。出力は約2MWで、この規模は、一般家庭の600世帯分に相当するという。

なお、発電した電力はすべて東京電力へ売電していく計画である。

グリーン・コミュニティの実現を
日本アジアグループは、これまで培ってきた豊富なノウハウと経験をいかし、再生可能エネルギーの固定価格買取制度のもと国内外でメガソーラー発電所の開発に取り組んでいく。

また、「グリーン・コミュニティの実現」というスローガンのもと、人と地球に優しいまちづくりに貢献していくかまえだ。


▼外部リンク

日本アジアグループ ニュースリリース
http://www.japanasiagroup.jp/cms/pdf/900/2014-09-18.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る