3Dクレーンブーム位置監視システムを開発し鉄道建設工事現場に導入 三井住友建設

更新723

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 3Dクレーンブーム位置監視システムを開発し鉄道建設工事現場に導入 三井住友建設

3Dクレーンブーム位置監視システムを開発し鉄道建設工事現場に導入 三井住友建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月18日 17:00

3Dクレーンブーム位置監視システムを実用化
三井住友建設は、9月17日、鉄道営業線や高圧送電線などとの近接する作業において、3次元でクレーンの作業エリアを監視する3Dクレーンブーム位置監視システムを開発したことを発表した。

なお、新システムは「つくばエクスプレス線、守谷車両基地入出庫線複線化工事(鉄道建設・運輸施設整備支援機構)」に導入されているという。

(画像はニュースリリースより)

新システムの概要
3Dクレーンブーム位置監視システムは、GPS受信アンテナでブーム位置をリアルタイムに解析し、監視対象物が3次元のクレーン作業制限範囲(制限エリア)に接近した場合に警報を発するシステムである。

制限エリアは複雑な形状を設定でき、数センチメートルの精度でGPS測定するため、クレーンの作業範囲が以前より拡充され、スペースの有効活用が可能。

また、ワイヤレスによる統合監視で複数のクレーンの作業状況もリアルタイムで監視することができるだけでなく、3D表示システムの搭載で、以前は見ることができなかった視点からも監視ができるという。

今後の展開
三井住友建設は、新システムをクレーン作業範囲に制限のある現場へ積極的に推進していくことで、クレーン災害の防止に貢献していく。

また、地形や構造物の3Dモデリングが進められていることから、新システムと連携させることで、3Dモデルを活用した情報化施工に取り組むかまえだ。


▼外部リンク

三井住友建設 ニュースリリース
http://www.smcon.co.jp/2014/09179717/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る