自動倉庫型ピッキングシステム「AutoStore」を発売、株式会社岡村製作所

更新326

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プラント・工場設備>
  4. 自動倉庫型ピッキングシステム「AutoStore」を発売、株式会社岡村製作所

自動倉庫型ピッキングシステム「AutoStore」を発売、株式会社岡村製作所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月04日 15:00

自動倉庫型ピッキングシステム「AutoStore」
株式会社岡村製作所は、ノルウェーのJakob Hatteland Computer社と販売契約を締結。自動倉庫型ピッキングシステム「AutoStore」を9月から発売する。

「AutoStore」は専用コンテナを収納しており、ロボットがコンテナの出し入れを行う自動倉庫型ピッキングシステムだ。格子状に組まれたグリッド、ビン、ロボット、ポートのモジュールで構成される。

(画像はプレスリリースより)

2つのタイプを用意
「AutoStore」の導入数は全世界で51システムとなっており、様々な場所で活用されている。高い収納効率を生かし、特にロングテール商品を扱う通信販売業界の物流拠点や保守部品サービスセンターなどに最適だ。



またグリッド内に隙間なくビンを積み上げて収納する構造であるため、高密度保管が可能。同じ数のコンテナを保管する場合「AutoStore」はスタッカークレーン式自動倉庫スペースの半分で対応できる。

グリッドはレイアウトを自由に行うことができ、スペースを有効活用できる。専用のシミュレーションソフトによって、レイアウトとロボット台数を判断する事ができる。

出庫頻度が高いビンを上層部に集約することによって、出庫にかかる時間を短縮できる。出庫するコンテナを事前に準備しておくことにより、さらに時間は短縮し高いシステム能力を発揮する。

保管物を収納するビンは専用タイプである「Lowタイプ」と、「Hiタイプ」の2種類がある。最大積載質量はともに30Kgで、グリッド1マス内にそれぞれ最大24段と16段まで格納できる。


▼外部リンク

株式会社岡村製作所 ニュースリリース
http://www.okamura.co.jp/company/topics/butsuryu/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る