日立ハイテク、Etrion社と共同で出力34メガワットのメガソーラー事業を開始

更新725

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日立ハイテク、Etrion社と共同で出力34メガワットのメガソーラー事業を開始

日立ハイテク、Etrion社と共同で出力34メガワットのメガソーラー事業を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月03日 21:00

メガソーラー共同事業を開始
日立ハイテクノロジーズ(以下、日立ハイテク)は、9月2日、スイスのEtrion社と共同で、三井住友信託銀行とプロジェクトファイナンス契約を締結し、日本国内において出力34MWの大規模太陽光発電(メガソーラー)事業を開始することを発表した。

なお、プロジェクトの総事業費用は、三井住友信託銀行からのプロジェクトファイナンスが80%、残り20%は、Etrion社と日立ハイテクが出資するという。

(画像はホームページより)

新発電所概要
2012年、Etrion社と日立ハイテクは、協定を締結。「雫石プロジェクト」と「水戸プロジェクト」は最初の太陽光発電プロジェクトになる。

「雫石プロジェクト」では、岩手県雫石町に24.7MWの太陽光発電所を建設。運用開始後の年間発電量は、約25.6GWhとなる見込みで、東北電力に売電していく計画だ。

一方、「水戸プロジェクト」では、茨城県水戸市に9.3MWの太陽光発電所を建設。運用開始後の年間発電量は、約10.3GWhとなる見込みで、東京電力に売電していくという。
 
なお、日立ハイテクは、太陽光発電施設の設計・調達・建設を担当していく。

太陽光発電事業に尽力
日本は、世界最大の太陽光発電市場のひとつで、太陽光発電所の設置容量は既に14GWを超え、政府は2020年までに2倍の28GW達成を目標として掲げている。

日立ハイテクはEtrion社と、メガソーラー事業において、2015年までに合計出力100MW、2017年までに300MW達成をめざし、今後も太陽光発電事業を積極展開していくかまえだ。


▼外部リンク

日立ハイテクノロジーズ ニュースリリース
http://www.hitachi-hitec.com/news_events/product

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る