東南アジアと米国を直接結ぶ最大の光海底ケーブルの建設契約を締結

更新527

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 東南アジアと米国を直接結ぶ最大の光海底ケーブルの建設契約を締結

東南アジアと米国を直接結ぶ最大の光海底ケーブルの建設契約を締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月30日 22:00

大容量光海底ケーブルを新設
日本電気(以下、NEC)は8月29日、東南アジアと米国本土を結ぶ大容量光海底ケーブル「SEA-US(Southeast Asia-United States、シーユーエス)」の建設請負契約を東南アジアと米国のグローバル通信事業者7社からなるコンソーシアムと締結したことを発表した。

東南アジアと米国の国際通信の多くは日本を経由しているが、米国との通信容量の拡大にともない、両地域を直接結ぶ新たな大容量光海底ケーブルが求められていたという。

(画像はプレスリリースより)

新ケーブル概要
「SEA-US」は、フィリピンやインドネシアからグアム、ハワイを経由して米国本土に至る総延長約15,000キロメートルの光海底ケーブルだ。

毎秒100ギガビットとなる最新の光波長多重方式に対応し、最大容量毎秒20テラビットの伝送が可能になるため、今後も増加が予想される両地域間の通信需要に貢献することになるという。

なお、稼働開始時期は2016年の予定だ。

豊かな社会を
NECは、海底ケーブルのトップベンダーとしてこれからも世界における通信インフラ整備事業に取り組んでいく。

また、先進のICT技術や豊富なノウハウをいかし、洗練された社会の構築に努めるかまえだ。


▼外部リンク

NEC プレスリリース
http://jpn.nec.com/press/201408/20140829_01.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る