東京タワー直下に水素ステーションを建設 岩谷産業

更新725

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東京タワー直下に水素ステーションを建設 岩谷産業

東京タワー直下に水素ステーションを建設 岩谷産業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月30日 21:00

都心に建設
岩谷産業は、8月28日、東京都心に「東京水素ステーション(仮称)」を建設することを発表した。

なお、2014年9月に着工予定で、完成は2015年3月をめざす。

(画像はニュースリリースより)

新施設概要
「東京水素ステーション(仮称)」は、東京タワー南側直下、現トヨタ東京カローラ発祥の地約332坪の敷地に、トヨタグループの協力を得ながら建設される。

設備は液化水素貯槽、ドイツ製水素圧縮機、蓄圧設備、ディスペンサーなどで構成され、車への充てんだけではなく、ショールームでの燃料電池自動車や水素関連技術の展示など、水素エネルギーの普及啓発活動の場としても活用できるのが特長だ。

なお、供給する水素は、液化水素オフサイト方式を採用し、1時間当たり6台の満充てんが可能だという。

新ランドマーク的存在に
岩谷産業は、新施設について、都心に建設される初めての水素ステーションであり、本格的な水素エネルギー社会に向けての新たなランドマークと位置づけている。

これまでの水素ステーションにおける豊富なノウハウや技術力をいかし、今後もリーディングカンパニーとして水素供給インフラの確立に取り組むかまえだ。


▼外部リンク

岩谷産業 ニュースリリース
http://www.iwatani.co.jp/jpn/newsrelease/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る