生産能力拡大の計画を発表、ハンファQセルズ

更新227

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 生産能力拡大の計画を発表、ハンファQセルズ

生産能力拡大の計画を発表、ハンファQセルズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月16日 08:00

マレーシア工場の製造ライン増設
ハンファQセルズが2014年上半期(1月~6月)にて、欧州の太陽光モジュールでは最大規模となる出荷量を達成したと発表した。

それと同時に2014年度生産能力最大1.5ギガワットを達成する為に、生産能力拡大の計画があることも発表した。モジュール生産規模拡大の施策としては、「マレーシア工場での製造ライン増設」と「生産オペレーション改革」だ。

マレーシアの工場に生産量204メガワット規模の、高性能太陽光セル製造ラインを増設した。この生産ラインは太陽光セルの大量生産を可能にする為であり、2014年の6月末に完成した。

現在製造ラインは稼働を開始しており、フル稼働に向けてラインを強化している。今回の製造ライン増設に伴って、マレーシア工場でのトータル生産規模は現在1.1ギガワットだ。

(画像はプレスリリースより)

生産オペレーション改革
またハンファQセルズは、ドイツとマレーシアの工場においてモジュール生産効率を拡大する為にオペレーション改革を実施した。オペレーション改革は、現場チームの協力によって生産時間の短縮や、オペレーション効率のための施策を話し合い完成した。

これによって製造プロセスが大幅に改良でき、高品質な太陽光パネルを増産できる生産体制に移行していく。


▼外部リンク

ハンファQセルズ ニュースリリース
http://www.q-cells.jp/pdf/20140813.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る