レノバ、千葉県富津市で関東最大メガソーラーの運転を開始

更新325

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. レノバ、千葉県富津市で関東最大メガソーラーの運転を開始

レノバ、千葉県富津市で関東最大メガソーラーの運転を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月12日 23:00

3社共同事業
レノバは、ミツウロコグリーンエネルギー、芙蓉総合リースとの共同事業によるメガソーラー発電所(大規模太陽光発電所)の運転を平成26年7月1日より開始したことを発表した。

なお、新発電所では地域の環境教育の場を目的として、展望台、展示用太陽光パネル、施設概要表示板を設置。誰でもメガソーラー発電所を見学することができるという。

(画像はプレスリリースより)

富津ソーラー発電所概要
新発電所は、運転開始している太陽光発電所としては関東最大級の規模で、千葉県富津市にある浅間山砂利採取跡地約44万平方メートル(東京ドーム9.4個分)に設置された。

発電出力はモジュールベースで40.4MW、想定年間発電量は一般家庭の約11,500世帯の使用電力量に相当する約4,200万キロワット時、CO2削減量は年間17,000トン程度を見込む。

低環境負荷のエネルギーを供給
レノバは「リサイクルワン」という社名を2014年1月より変更し、再生可能エネルギー事業やリサイクル事業に力を注ぎ、すでに茨城県潮来市など4カ所にてメガソーラー発電所の建設を行ってきた。

同社はこれからも低炭素社会の実現にむけ、メガソーラー事業をはじめとする再生可能エネルギー事業を積極的に展開していく。


▼外部リンク

レノバ・プレスリリース
http://www.renovainc.jp/news/2014/08/06/docs/

ミツウロコグリーンエネルギー・ホームページ
http://www.mitsuurokogreenenergy.com/

芙蓉総合リース・ホームページ
http://www.fgl.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る