MHIEC、金沢市から東部環境エネルギーセンターの基幹的設備改良工事を受注

更新924

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. MHIEC、金沢市から東部環境エネルギーセンターの基幹的設備改良工事を受注

MHIEC、金沢市から東部環境エネルギーセンターの基幹的設備改良工事を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年07月31日 21:00

基幹的設備改良工事を受注
三菱重工グループの三菱重工環境・化学エンジニアリング(以下、MHIEC)は、7月30日、金沢市から、一般廃棄物焼却施設「東部環境エネルギーセンター」の基幹的設備改良工事を受注したことを発表した。

財政難で新規施設の建設が難しい地方自治体では、一般廃棄物焼却施設を長寿命化し、温暖化対策も施すための改修・改良工事が近年活発化しているという。

(画像はMHIECのホームページ)

受注概要
この施設は、1991年に完成したもので、処理能力125トン/日のストーカ炉2基で構成されており、3,000kWの発電能力を備えている。

今回受注した工事では、完成は2017年3月をめざし、これらのストーカ式焼却炉設備を改修、長寿命化、エネルギー化をはかるとし、余熱利用設備、焼却設備、焼却ガス冷却設備、排ガス処理設備などを対象に、主要機器の更新と改造を行っていく。

また、MHIECの高温燃焼技術などにより排ガス量を減らして消費電力を削減。さらに、各種高効率モーターを採用することで、CO2排出量を年間8%以上削減できるという。

強みを生かして受注拡大へ
MHIECの強みは、三菱重工業から継承した多数の実績に基づく、建設から運営までの総合的ソリューション提案力だ。

これからも既存廃棄物処理施設の省エネ化や安定稼動の維持・向上などを提案し、受注拡大をはかることで地球温暖化抑制に貢献していく。


▼外部リンク

三菱重工環境・化学エンジニアリング/ニュースリリース
http://www.mhiec.co.jp/news/140730.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る