ケン・コーポレーション、群馬と栃木の4ヶ所で出力合計33MWの太陽光発電所を建設

更新330

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 不動産・住宅>
  4. ケン・コーポレーション、群馬と栃木の4ヶ所で出力合計33MWの太陽光発電所を建設

ケン・コーポレーション、群馬と栃木の4ヶ所で出力合計33MWの太陽光発電所を建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年07月27日 00:00

東京電力管内で出力合計68MWのメガソーラーを計画
株式会社ケン・コーポレーションおよびグループ会社は2014年7月23日、群馬県や栃木県の計4ヶ所に、出力合計約33メガワットの太陽光発電所を建設すると発表した。

(画像はニュースリリースより)

同グループでは、再生可能エネルギー事業を積極的に行うことで、地域社会への貢献を図り、クリーンな環境エネルギーを供給することで地球環境保全への取り組みを進めている。

群馬県では、2014年7月までに3ヶ所(約4.4メガワット)の新設工事を吾妻郡嬬恋村にて開始。最終的には5ヶ所(最大出力0.7~2.4メガワット)の太陽光発電所建設を計画している。

自社所有地や土地所有者から賃借した土地を活用
また、栃木県では、賃借した土地のほか自社所有地を活用し、那須烏山市にて最大出力28.8メガワットの太陽光発電所を、2016年3月の竣工・運転開始を予定。

茨城県でも、自社所有地や賃借による用地を確保し、日立市で最大出力31.2メガワットの太陽光発電所を2015年春の着工を目指して建設する予定。


▼外部リンク

ケン・コーポレーショングループ、東京電力管内で出力合計68MWのメガソーラーを計画、うち33MWの新設工事に着手(PDF)
http://www.kencorp.co.jp/resource/news_release_solar_140723.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る