森トラスト、福島・泉崎村と滋賀・琵琶湖のメガソーラー事業を着工

更新226

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 森トラスト、福島・泉崎村と滋賀・琵琶湖のメガソーラー事業を着工

森トラスト、福島・泉崎村と滋賀・琵琶湖のメガソーラー事業を着工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年07月25日 09:00

2つのメガソーラー事業を着工
森トラストは、7月23日、「森トラスト・エネルギーパーク泉崎(いずみざき)」(福島県西白河郡泉崎(いずみざき)村)の第2期事業と、「滋賀県・琵琶湖(守山市)におけるメガソーラー事業」を着工したことを発表した。

同社では、従来の不動産事業だけでなく、安定的なエネルギーの供給側として地域のメガソーラー事業等の新規事業を展開しているところだ。

(画像はプレスリリースより)

2つの事業概要
「森トラスト・エネルギーパーク泉崎」は、東日本大震災後に遊休地となっていた旧「ラフォーレ白河ゴルフコース」を活用。今回第2期事業として、最大出力約8MWのメガソーラー施設を着工した。

第1期事業とあわせて最大出力約10MW、年間発電量は一般家庭約3,200世帯分の使用電力量に相当する約1,080万kWhをめざす。

一方、「滋賀県・琵琶湖(守山市)におけるメガソーラー事業」は、メガソーラー事業の第2弾。「総合リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖」の隣接地を活用し、最大出力約2MW、年間発電量は、一般家庭約700世帯分相当の発電量約230万kWhを見込む。

都市・地方の発展を
森トラストでは、メガソーラー事業について、再生可能エネルギーの導入・促進だけでなく、地域・社会貢献につながるプロジェクトと位置づけている。

これからも、不動産事業、エネルギー事業を通じて都市と地域活性化に積極的に取り組むかまえだ。


▼外部リンク

森トラスト・プレスリリース
http://www.mori-trust.co.jp/pressrelease/2014/20140723.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る