三井不動産、大阪府吹田市の「エキスポランド」跡地にて大型複合施設を着工

更新1019

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三井不動産、大阪府吹田市の「エキスポランド」跡地にて大型複合施設を着工

三井不動産、大阪府吹田市の「エキスポランド」跡地にて大型複合施設を着工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年07月19日 10:00

大阪のランドマークに
三井不動産は、7月17日、大阪府吹田市にて大型複合施設「(仮称)エキスポランド跡地複合施設開発事業」に着工したことを発表した。

新施設は、大阪の新たなランドマークをめざし、エンターテインメントとショッピングを融合させたこれまでにない大型複合施設になるとされる。

(画像はニュースリリースより)

新施設概要
この施設は、万博記念公園内の「エキスポランド」跡地で、大阪モノレール「万博記念公園」駅前に位置し、主要幹線道路にも近接、アクセスにも優れた立地に建設される。

延べ床面積約223,000平方メートル、店舗面積約88,000平方メートルを有し、約300のエンターテインメント施設および店舗を誘致、駐車場台数約4,100台を計画しているという。

エンターテインメントゾーンでは、海遊館が手がける新しいタイプの水族館、日本最大級の観覧車、大自然を五感で体感する映像施設など、今までにないエンターテインメントが体験できる。

また、ショッピングゾーンでは、全ての年代の人たちが一日を楽しく快適に過ごせる施設をめざすとされる。

来年秋、開業へ
三井不動産では、この大型複合施設の建設により、活気ある街づくりを推進するだけでなく、国内外の観光客の誘致にも取り組むかまえだ。

なお、2015年秋の開業をめざす。


▼外部リンク

三井不動産・ニュースリリース
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2014/0717

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る