三井物産と三菱地所、中国で物流施設開発に本格着手

更新921

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三井物産と三菱地所、中国で物流施設開発に本格着手

三井物産と三菱地所、中国で物流施設開発に本格着手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年07月14日 11:00

パートナーは、香港の上場企業
三井物産と三菱地所は7月11日、中国での物流施設開発事業に取り組むと発表した。

中国でのパートナー会社は、北京市政府傘下の香港上場企業である北京建設。三井物産が60%、三菱地所が40%出資する投資会社を通じて、物流施設開発デベロッパーの株式のうち、35%を取得する予定だ。

(画像はニュースリリースより)

出資総額147億円を見込む
今後は、中国主要都市での物流施設開発に着手し、事業スタート後3~4年をめどに、資産規模1,000億円達成を目指す。

このため、REITを活用した証券化を視野にいれた運営を行う方針だ。事業への出資総額は、147億円となる見込み。

中国では現在、インターネットを通じて行うeコマースの普及で、消費の拡大が急速に進んでいる。しかし、これに伴う物流施設の開発が追いつかないのが現状だ。

そこで三井物産と三菱地所では、これまで日本やアジア市場で培ってきたノウハウを中国にも導入。今後益々ニーズが高まると予想される、物流施設事業を積極展開する。

なお、北京建設の正式名称は、北京建設(控股)有限公司(ペキンケンセツユウゲンコウシ)である。


▼外部リンク

三井物産株式会社と三菱地所株式会社のニュースリリース
http://www.mitsui.com/jp/ja/release/2014/1203063_5704.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る