トプコン、BIMやCIMに向け3Dレーザースキャナーを新発売

更新1216

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. トプコン、BIMやCIMに向け3Dレーザースキャナーを新発売

トプコン、BIMやCIMに向け3Dレーザースキャナーを新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年07月08日 19:00

多様な測定ニーズに対応可能商品
トプコンは、7月7日、測定の速さと高精度を高次元でバランスをさせ、BIM(Building Information Modeling)からCIM(Construction Information Modeling)まで、測定ニーズに対応する3Dレーザースキャナー「GLS‐2000」を発売したことを発表した。

なお、販売価格は本体標準オープン価格としている。

(画像はニュースリリースより)

新製品の主な特長
「GLS‐2000」は、高速で対象物の質感を再現できるほどの高精度を有するだけでなく、短距離も長距離も測定可能なマルチレンジスキャニングで、用途に合う最適なデータ取得が可能だ。

また、独自の光学設計により、観測に使用するレーザーを使用して、自動で器械高を測る機能を世界で初めて搭載。ボタンを押すだけで正確な器械高の測定が行えるという。

さらに、器械点・後視点法、タイポイント法、シェイプマッチング法の採用で、現場環境や測定対象物、要求精度に合わせたデータの結合を実行できるのが特長だ。

マルチに対応
近年、BIMやCIMの広がりに伴い、レーザースキャナーにより取得した3次元座標の点群データの活用が、設計やシミュレーションに貢献している。

トプコンは、今後も測量機器メーカーならではの視点により、ユーザーのあらゆるニーズに応えていく。


▼外部リンク

トプコン・ニュースリリース
http://www.topcon.co.jp/news/20140707-16861.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る