清水建設が自社木工場ブランド「kino style」のデザイン募集

更新427

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ゼネコン>
  4. 清水建設が自社木工場ブランド「kino style」のデザイン募集

清水建設が自社木工場ブランド「kino style」のデザイン募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年06月30日 23:00

‘木のぬくもりを感じられる’デザイン募集
清水建設株式会社(東京都中央区、社長:宮本 洋一)が、同社東京木工場の木工製品ブランド『kino style』のデザインを募集する。第1回募集期間は、2014年7月15日~2014年9月30日(必着)。
(画像はプレスリリースより)

伝統的かつモダンな作品づくりを追求
清水建設 東京木工場は、約130年前の1884(明治17)年、深川島田町(現 東京都江東区木場)の木材切組場開設までその歴史をさかのぼる。関東大震災での帝都復興、第二次大戦後の日本復興でも大きな役割を担ってきた。

その伝統や歴史はもちろん、平成に入ってからも技能グランプリや技能五輪全国(国内)大会等で優勝はじめ数々の入賞歴も有する優れた技術を継承する。

最近では読売新聞社本社新社屋を完成させたほか、伝統建築や寺社仏閣も手がけるなど、同社と「木」とのつながりは長い歳月をかけて培われてきたものだ。

kino style 募集要項
そんな『kino style』のコンセプトは「木のある生活スタイル」、「新しい木製品のスタイル」。生活に密着しているからこその木の持つ可能性を表現するデザインを募集する。

募集内容は、(1)置物家具のデザイン(テーブル、ベンチ、棚等)、(2)生活にとりこむ木製雑貨のデザイン(インテリア雑貨、キッチン雑貨、文具等)。審査基準は、(1)ブランドイメージにマッチし、木の持つ特長を活かしているもの、(2)形が美しいもの、(3)製造方法が現実的なもの、とする。

応募資格は、企業・団体、個人・グループ、年齢、性別、職業、国籍等不問、募集制限は特にない。商品化が確定した作品には「kino style賞」として賞金10万円が授与される(但し、デザインが採用された場合、その知的財産権は同社東京木工場に帰属する)。その他詳細については、同社プレスリリース参照。


▼外部リンク

清水建設株式会社 プレスリリース
http://www.shimz.co.jp/mokkou/info/tdw.html

中央職業能力開発協会(JAVADA)【技能グランプリ】
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/ginogpx/

中央職業能力開発協会(JAVADA)【技能五輪全国大会】
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/zenkoku/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る