国交省、平成26年度「建設投資見通し」を公表

更新326

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 国交省、平成26年度「建設投資見通し」を公表

国交省、平成26年度「建設投資見通し」を公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年06月30日 14:00

平成26年度の建設投資額は48兆4,700億円
国土交通省は6月27日、平成26年度の建設投資見通しを公表した。

建設投資は建設設備分野だけにとどまらず、日本社会全体の経済活動や市場動向に与える影響が大きい。このため国土交通省では、昭和35年度から毎年度、建設投資市場の見通しを公表している。

平成26年度の建設投資見通しによると、建設への投資額は対前年度比0.5%減の、48兆4,700億円になりそうだ。

内訳を見ると政府による投資が42%、民間による投資が58%。政府による投資額は、対前年度比 1.1%減の20兆3,700億円の見通し。一方の民間投資額も0.1%減少し 28兆1,000億円になる見込みだ。

(画像は国土交通省の報道発表資料より)

リフォーム投資額は7兆6,900億円
民間投資のうち54%が住宅投資となっており、対前年度比4.1%減の15兆1,000億円。残る46%は、非住宅建築と土木への投資で13兆円。こちらは前年より5.0%増加している。

建築物のリフォーム・リニューアル投資額は、7兆6,900億円。対前年比で21.5%の減少となった。

建設投資見通しの「建築」に、「建築物リフォーム・リニューアルの投資額」加えると、総額32兆1,100億(重複計上分を除く)。このうち、建築物リフォーム・リニューアル投資は、23.9%を占める。


▼外部リンク

国土交通省の報道発表資料
http://www.mlit.go.jp/report/press/joho.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る