ヤンマーエネルギーシステム、60Hz地区向けの熱電併給システム「EP800G」を発売

更新1023

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ヤンマーエネルギーシステム、60Hz地区向けの熱電併給システム「EP800G」を発売

ヤンマーエネルギーシステム、60Hz地区向けの熱電併給システム「EP800G」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年06月25日 10:00

小型から中型クラスまで充実のラインアップ
ヤンマーエネルギーシステム株式会社(大阪市北区)は2014年6月19日、60Hz地区向けの熱電併給システム「EP800G」を発表した。7月1日より販売開始。

(画像はニュースリリースより)

「EP800G」は、2003年に発売した350kWガスエンジンコージェネレーションシステム「EP350G」の6気筒エンジンをベースに開発された12気筒エンジンを搭載。

「EP350G」で培われた制御技術などをもとに、800kWクラスではトップレベルの発電効率41.2%を実現。また、燃料ガスと空気を安定させながら高効率と低NOXを実現することで、排出NOX濃度200ppm以下を達成。脱硝装置の必要がない。

病院やホテル、工場、事務所ビルなどに提案
発電装置ユニット部を3つに分けることができる「オープンタイプ」を用意し、「EP400G」2台よりさらに省スペース化を実現。既設の建物にも搬入しやすい。

さらに、突然の停電でも確実な給電が可能となるよう、オプションとして自立運転機能や停電時起動機能も用意した。詳しくはウェブサイトで。


▼外部リンク

800kW高効率ガスエンジンコージェネレーションシステム「EP800G」の発売について - ニュースリリース - ヤンマー
http://www.yanmar.co.jp/news/2014/0619.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る