横河電機、インドのララ超臨界圧火力発電所向け制御システムを受注

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プラント・工場設備>
  4. 横河電機、インドのララ超臨界圧火力発電所向け制御システムを受注

横河電機、インドのララ超臨界圧火力発電所向け制御システムを受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年06月17日 22:00

大型発電所向けシステムを受注
横河電機は、6月16日、子会社であるヨコガワ・インディアが、ララ超臨界圧石炭火力発電所建設プロジェクト(第1期:80万キロワット発電ユニット2基)向けの制御システムを、インド火力発電公社から受注したことを発表した。

なお、インドでは、現在伸び続ける電力需要に対応するため、大型石炭火力発電所の建設プロジェクトや老朽化した発電所の改修プロジェクトが多数計画されているという。

(画像はプレスリリースより)

受注概要
ララ超臨界圧石炭火力発電所は、インドのチャティスガル州に建設される大型発電所で、第1期発電設備の稼働開始は、2016年の予定である。

受注した主な製品は、ボイラとその付帯設備の制御を行う統合生産制御システム「CENTUM VP」、差圧・圧力伝送器「DPharp EJAシリーズ」、酸素濃度計、水質分析計、画像監視システム、無停電電源装置、および構内通話システムだ。

なお、プロジェクトのエンジニアリング、機器据え付け、試運転支援を含むプロジェクト全体の遂行は、すべてヨコガワ・インディアが行い、製品は2015年9月までに順次納入する予定だという。

新興国で拡大展開
横河電機では、インドにおいて、超臨界圧石炭火力発電所向けの受注は、今回で5件目、受注システム数は累計で12システムとなる。

これらの実績をいかし、インドをはじめ、新興国の電力プラント向け制御事業の拡大をめざす。


▼外部リンク

横河電機・プレスリリース
http://www.yokogawa.co.jp/cp/press/2014/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る