古河電工と東北大学、世界初の超伝導ケーブルを製品化

更新1216

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 古河電工と東北大学、世界初の超伝導ケーブルを製品化

古河電工と東北大学、世界初の超伝導ケーブルを製品化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年06月16日 17:00

歪みに強く、熱処理後のコイル巻きが可能
古河電気工業は、6月12日、Nb3Sn生成の熱処理後にコイル巻き(リアクト・アンド・ワインド法)を可能としたニオブロッド法銅ニオブ(以下、CuNb)強化ニオブ3スズ(以下、Nb3Sn)超伝導ケーブルを、東北大学と共同で、世界で初めて開発したことを発表した。

これまでの高い臨界磁場を有するNb3Sn超伝導ケーブルは、1%程度の歪みを加えるとNb3Snが壊れて電流が流れにくくなる特性があった。しかし、この性能低下を防止するためには、大きな熱処理炉が必要であり、巻枠等の部材に耐熱性が求められる等、製造工程に多くの制約条件があったという。

(画像はプレスリリースより)

製品の特長
新開発した超伝導ケーブルの素線は、Nb3Sn生成熱処理後にプラスマイナス0.8%の曲げ戻し歪みを加えても、通電電流が低下しないだけでなく、素線およびケーブルは、Nb3Sn生成熱処理後に強磁場中の通電電流が最大1.5倍に増大する特長がある。

また、マグネットでの熱処理が不要になることで、超伝導マグネットの製造工程を簡略化し、コストダウンが可能だ。

今後は、より高磁場の発生を目指す30Tマグネットや50Tハイブリッドマグネットなどへの採用が期待されるだけでなく、従来法のNb3Sn線を代替するなどの大きな可能性もあるという。

最先端技術開発に貢献
古河電気工業は、2014年2月の記録的大雪により、CuNb強化Nb3Sn超伝導ケーブルの製造設備も被災したが、2014年3月、量産製造した総長7.8キロメートルのケーブルを東芝へ納入した。

今後も、最先端技術の進展に貢献し、優れた性能を有する超伝導技術を開発していく。


▼外部リンク

古河電気工業・ニュースリリース
http://www.furukawa.co.jp/what/2014/kenkai_140612.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る