栗田工業、中国大手液晶パネル製造会社向けの水処理プラントを連続受注

更新725

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 栗田工業、中国大手液晶パネル製造会社向けの水処理プラントを連続受注

栗田工業、中国大手液晶パネル製造会社向けの水処理プラントを連続受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年06月07日 21:00

中国で連続受注
栗田工業は6月6日、中国の大手液晶パネル製造メーカー、重慶京東方光電科技有限公司および南京中電熊猫平板顕示科技有限公司の2社より水処理プラントを連続受注したことを発表した。

今回の受注では、アジアをはじめとする海外各地域での水処理プラント納入実績と、水処理技術およびアフターフォロー体制が高く評価されたという。

(画像は栗田工業のホームページより)

受注概要
栗田工業は、液晶パネル製造に必要な超純水を製造する「超純水製造装置」と、液晶パネル製造工程で排出される排水の「リサイクル装置」および排水を放流基準以下に処理する「排水処理装置」を一括納入する。

納入先となる顧客工場は中国で最新鋭の第8.5世代液晶パネル工場。環境への高い配慮が求められているとし、液晶パネル製造排水の約75%をリサイクルすることで、新たな水資源として有効活用できるという。

なお、中国のパートナー企業と共同での受注総額は約100億円だ。

中国に注目
栗田工業は、中国を重点地域と位置付け、顧客工場のプロセス全体を捉えた排水回収・リサイクルを推進し、中国における事業展開をさらに加速していく。

また、今後も納入後のメンテナンス、運転管理、水処理薬品供給などの基盤強化を図るだけでなく、大型水処理プラントの受注拡大を目指す。


▼外部リンク

栗田工業・プレスリリース
http://www.kurita.co.jp/aboutus/press140606.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る