JR東日本、2020年開業予定で「田町~品川駅」間に新駅設置

更新526

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. インフラ>
  4. JR東日本、2020年開業予定で「田町~品川駅」間に新駅設置

JR東日本、2020年開業予定で「田町~品川駅」間に新駅設置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年06月05日 01:00

「駅」と「まち」を創出
東日本旅客鉄道は、6月3日、田町~品川駅間に新駅を設置し、まちづくりを進めていくことを発表した。

品川駅・田町駅周辺エリアは、首都圏と世界、国内の各都市をつなぐ役割を担うとされ、国・東京都・関係区等と現在検討を進めているとし、国際的に魅力のある交流拠点を創出する予定だという。

(画像はプレスリリースより)

2020年誕生をめざす
新駅は、東京都港区港南、田町駅から約1.3キロメートル、品川駅から約0.9キロメートル付近に設置され、山手線、京浜東北線が停車する予定で、ホーム形態は線路別島式2面4線となる。

中心付近に位置する品川車両基地では、基地設備や車両留置箇所の見直しを進めており、創出される約13ヘクタールの大規模用地については、新駅とまちが一体となった象徴的なにぎわい空間づくりを検討中だ。

なお、開業時期は2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会にあわせた暫定開業を予定している。

新しい価値を生む場所に
このプロジェクトでは、国際交流の拠点、にぎわいと魅力ある人中心の広場空間、自然豊かなまちづくりをめざす。

なお、東日本旅客鉄道では、まちづくり計画の詳細については、別途決定次第、知らせるとしている。


▼外部リンク

東日本旅客鉄道・プレスリリース
http://www.jreast.co.jp/press/2014/20140604.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る