三菱重工舶用機械エンジン、MERSを搭載した初の鉱石運搬船が就航

更新721

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三菱重工舶用機械エンジン、MERSを搭載した初の鉱石運搬船が就航

三菱重工舶用機械エンジン、MERSを搭載した初の鉱石運搬船が就航

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月23日 17:00

海上試験で約8%の燃費削減を達成
三菱重工は5月22日、グループ会社である三菱重工舶用機械エンジンが、MERS(Mitsubishi Energy Recovery System)を初めて鉱石運搬船に搭載し、海上試験において従来船と比較して約8%の燃費削減を達成したことを発表した。

MERSとは、同社独自の舶用排熱回収システム。鉱石運搬船に搭載したことによる燃費削減や環境負荷低減が実証できたのは今回が初めてだ。

なお、今回の海上試験では、名村造船所が建造した商船三井の鉱石運搬船にMERSを搭載して検証が実施されたという。

(画像はプレスインフォメーションより)

MERSの概要
MERSは、舶用エンジンからの排ガスにより駆動するタービンと蒸気タービンを組み合わせることで、排熱を回収し、燃費効率を高めるシステムだ。

今回、これにエンジンとプロペラを結ぶシャフトの回転を補助するモーターを追加。このモーターを通じて余剰電力を主機関に還元することで、排ガスエネルギーをほぼ回収することが可能になり、大幅な燃費削減を達成したとされる。

独創的な省エネ実現を
三菱重工舶用機械エンジンは、2ストローク低速エンジン、舶用ボイラーなど、幅広い舶用機械・エンジンを提供している。

今回、船内電力が小さな船種でも排熱を無駄なく回収・利用できることが実証されたことで、今後も多様な船舶ニーズに応えるだけでなく、船舶の効率化と地球環境保全に貢献していく構えだ。


▼外部リンク

三菱重工業・プレスインフォメーション
http://www.mhi.co.jp/news/story/1405225532.html

三菱重工舶用機械エンジン・ホームページ
http://www.mhi-mme.com/jp/index.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る