開業50周年の「大山ケーブルカー」大規模設備更新を発表

更新923

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 開業50周年の「大山ケーブルカー」大規模設備更新を発表

開業50周年の「大山ケーブルカー」大規模設備更新を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月18日 19:00

大山ケーブルカーの大規模設備更新
小田急グループの大山観光電鉄株式会社は、「大山ケーブルカー」の大規模設備更新に着手すると発表した。なお、「大山ケーブルカー」は2015年に開業50周年を迎える。

大規模設備更新では総額16億円を投資。新型車体を製造し、眺望や居住性を高め、諸設備も新たにすることによって安全性を向上させる。

(画像はプレスリリースより)

安全で快適なケーブルカーに
全線のレールや、マクラギ、分岐器の交換。橋脚、橋桁の補強を実施する。改修することによって、安全性と快適性の両方を高める。

大山ケーブルカーは丹沢大山国定公園内の大山中腹を運行。麓側の大山ケーブル駅から、中間駅の大山寺駅を経て、山上側の阿夫利神社駅までを結んでいる。

2車両デザインについては、眺望を楽しんでもらえるケーブルカーを作るため、内装デザインを岡部憲明アーキテクチャーネットワークに依頼した。


岡部氏は、これまでに小田急ロマンスカー・VSE(50000形)などのデザイン設計を行っている。

工事期間・運休期間:
2014年5月19日着手
 
2015年9月完成予定


新型ケーブルカーの運行開始は、2015年10月の予定
(ニュースリリースより引用)



▼外部リンク

小田急電鉄
http://www.odakyu.jp

小田急電鉄 ニュースリリース
http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/

大山観光電鉄株式会社
http://www.ooyama-cable.co.jp

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る