東京五輪成功のカギを握るのは俺たちだ!国交省が準備本部

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東京五輪成功のカギを握るのは俺たちだ!国交省が準備本部

東京五輪成功のカギを握るのは俺たちだ!国交省が準備本部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月21日 16:00

競技場、宿泊施設、インフラなど重要課題を担う国交省
国土交通省は、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の成功に向けて、「国土交通省2020年オリンピック・パラリンピック東京大会準備本部」を設置。4月18日に第1回会合を開いた。

メンバーには、本部長の太田昭宏国土交通大臣を筆頭に、副大臣、大臣政務官、事務次官など、国土交通省の幹部職員らがずらりと顔をそろえる。

会合で太田国土交通大臣は、東京オリンピック・パラリンピックにおいて、国土交通省が担う分野は重要かつ広範に亘ると述べ、大会の成功に向けて万全の体制で臨みたいと、決意の程を語った。

具体的には、各地から訪れる旅行者などが快適に過ごせるよう、宿泊・交通施設を整備する他、防災対策やバリアフリーの街づくりに力を入れる。これらを重要課題と見据えた上で、社会基盤整備を進めるとしている。

(この画像はイメージです)

懸念されるのは人材不足
東京オリンピック・パラリンピックの競技場建設はもちろんだが、急がれるのが老朽化するインフラのメンテナンス対策だ。

しかし建設工事やインフラ整備を担う労働者は不足している。そこで政府は、2020年度までの緊急かつ時限的措置として、外国人材の活用を決定した。更に国内人材確保の強化政策整備のために、国土交通省と厚生労働省が連携し、今夏までに具体的な取り組み策をまとめる予定だ。

国内人材の確保に向けて、技能労働者の労働環境の改善、女性人材の積極的な登用、人材教育の強化、ハローワークでの人材マッチングなどの施策目標が揚げられている。


▼外部リンク

国土交通省の報道発表資料
https://www.mlit.go.jp/report/press.html

内閣官房の報道発表資料
http://www.cas.go.jp/jp/houdou/140404kensetsu.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る