いちごECOエナジー、昭和村に関東最大のメガソーラーを新建設

更新530

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. いちごECOエナジー、昭和村に関東最大のメガソーラーを新建設

いちごECOエナジー、昭和村に関東最大のメガソーラーを新建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月11日 22:00

関東最大のメガソーラー誕生
いちごグループホールディングスは、4月10日、いちごECOエナジーが、群馬県昭和村に関東最大のメガソーラー発電所(43MW)を新建設することを発表した。

同日、土地の賃借に合意した。一方、経済産業省の認定や東京電力への電力需給契約申込書の提出は既に完了をしているという。

なお、新発電所のシステムは日立製作所へ発注する予定で、2014年10月に着工、 2017年4月からの運転開始を目指す。

(いちごECOエナジーのホームページ)

「いちご昭和村生越ECO発電所(仮称)」の概要
「いちご昭和村生越ECO発電所(仮称)」の設置面積は約820,000平方メートル、パネル設置枚数は約169,000枚にのぼり、日立製作所がエンジニアリングの設計、資機材調達、建設工事までを請け負う予定だ。

パネル出力は約43MW、推定年間発電量は一般家庭約14,000世帯分に相当の、約5万MWhだ。なお、年間のCO2排出削減量は約33,000トンを見込んでいるという。

エネルギー事業の積極展開
いちごECOエナジーは新発電所の運転開始後、約19億円の売電収入を予定している。

今回の実績を生かしてこれからも環境にやさしいエネルギー事業を積極的に推進していく構えだ。


▼外部リンク

いちごグループホールディングス・IRニュース
http://www.ichigo-holdings.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る