IHI初、タイPTTLNG社からLNG受け入れ基地を受注

更新323

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プラント・工場設備>
  4. IHI初、タイPTTLNG社からLNG受け入れ基地を受注

IHI初、タイPTTLNG社からLNG受け入れ基地を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月11日 19:00

IHI初、タイでのLNG受け入れ基地の建設
IHIは、4月10日、タイ石油公社傘下のPTTLNG社が推進する、液化天然ガス(LNG)受け入れ基地拡張プロジェクトに係る設計・調達・建設(EPC)業務を韓国のPOSCO Engineering社と共同受注したことを発表した。

両社が受注したEPC業務は、タイのマプタプット工業団地内で行われ、16万キロリットルのLNG貯蔵タンク2基と年産500万トンの再ガス化設備が含まれる。なお、タイでのLNG受け入れ基地建設はIHI初の試みで、2017年の完成を目指すという。

(画像はIHIのホームページ)

IHI、世界最多実績
IHIは1969年、日本で初めてLNG貯蔵タンクを建設した。以来、インドではPetronet LNG社に対して計6基を納入、GSPC LNG社からは2基のLNG貯蔵タンクを受注するなど、数々の実績がある。

さらに、現在、中国の海南島でもLNG受け入れ基地が建設中だ。

これまでに世界各地において、130基以上のLNG貯蔵タンクが建設されている計算となり、このIHIの実績数は世界最多であるという。

今後の見通し
IHIはまずこのEPC業務を計画通りに遂行し、2017年に高品質で完成させることに邁進する。
 
これを足掛かりに、今後もタイのエネルギー安定供給に貢献していくだけでなく、多数の実績を生かすことで、世界のエネルギー供給に向けて受注活動をしていく。


▼外部リンク

IHI・プレスリリース
http://www.ihi.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る