低層マンションの窓リフォーム用カバーサッシを発売、株式会社LIXIL

更新724

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 低層マンションの窓リフォーム用カバーサッシを発売、株式会社LIXIL

低層マンションの窓リフォーム用カバーサッシを発売、株式会社LIXIL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月31日 08:00

業界初の専用カバーサッシ
株式会社LIXILは、低層マンションの窓リフォーム市場のための専用カバーサッシ「ビルサッシ サーモス−S RF/H RF」を2014年4月1日から発売する。

今後は築25~35年のマンションが窓改修の時期を迎える中で、半分以上は5階建て以下の低層タイプとなっている。

そのためLIXILでは、従来の窓よりも最大で30%フレームを細くしたことによってガラスの面積を拡大し、断熱性を高めスッキリとしたデザインの「ビルサッシサーモス−S RF/H RF」を業界では初めて開発した。


(画像はプレスリリースより)

リフォームを1時間で施工可能
施工は現在使っているサッシ枠をそのまま利用し、専用の新設枠、新障子、額縁を取り付けていくため、大がかりな工事が不要だ。そのため1つの窓は1時間程度の施工で簡単にリフォームができる。

さらにカギの空かけを防止する「空かけ防止機構付きロッククレセント」や、窓を2重でロックする「サブロック」が標準設定であり、オプションに加えて後付けで段差を解消する「フラットアタッチメント」など戸建住宅用窓で人気のオプションも設定することによって、顧客の要望に対応が可能だ。

障子はアルミ障子の「Sタイプ」と、カバー工法においてはアルミ樹脂複合障子の「Hタイプ」も選ぶことが可能だ。これによって、マンションリフォームサッシとしては、業界初の断熱性H−4と高い採光性が得られ、従来にはない快適なマンションの窓リフォームを実現する。

また室内側の枠を樹脂構造とすることによって、額縁やクロスを濡らす結露の発生を抑える。


▼外部リンク

株式会社LIXIL ニュースリリース
http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2014/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る