日本アジアグループ、「足柄大井ソーラーウェイ」を建設開始

更新328

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 日本アジアグループ、「足柄大井ソーラーウェイ」を建設開始

日本アジアグループ、「足柄大井ソーラーウェイ」を建設開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月27日 16:00

県下最大級のメガソーラー発電所
日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジーは、3月26日、神奈川県大井町において県下最大級(約13MW)のメガソーラー発電所、「足柄大井ソーラーウェイ」の建設がスタートしたことを発表した。

2013年10月、神奈川県が推進する、太陽光発電を中心に再生可能エネルギー等の導入を促進する「創エネ」、及び神奈川県大井町の「おおいきらめきプラン」において協定を締結し、準備を進めていた。

なお、発電した電気は東京電力に全て売電するという。

(画像は日本アジアグループ・ニュースリリースより)

足柄大井ソーラーウェイとは
「足柄大井ソーラーウェイ」は、出力約13MW、年間計画発電量は一般家庭の年間電力消費量約3,640世帯に相当する太陽光発電所だ。

神奈川県足柄上郡大井町篠窪の小松製作所試験場跡地をJAG国際エナジーが取得。高台のため、安定した日射量が見込まれるという。

地域・まちの形成へ
日本アジアグループは、「インフラ・環境・エネルギー」の3つをテーマに、神奈川県及び大井町のパートナーとなって地域とのつながりを大切にしていきたいとしている。

また、豊富なノウハウや技術を活用しながら、安心、環境にやさしいまちづくりに貢献していきたい構えだ。


▼外部リンク

日本アジアグループ・ニュースリリース
http://www.japanasiagroup.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る