新日鉄住金など、釜石市上中島町に復興公営住宅着工

更新725

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 新日鉄住金など、釜石市上中島町に復興公営住宅着工

新日鉄住金など、釜石市上中島町に復興公営住宅着工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月22日 13:00

官民連携による復興公営住宅156戸
釜石市、新日鐵住金、新日鉄興和不動産は、3月7日より、「釜石市上中島町復興公営住宅第II期」の整備計画に基づいた建築工事を開始する。

「釜石市上中島町復興公営住宅整備計画」は、2013年3月に竣工した第I期54戸と合わせ、計210戸の復興公営住宅を整備するというもの。

第II期では、新日鐵住金が所有する釜石市上中島町の敷地において、新日鉄興和不動産が復興公営住宅156戸と、集会所施設等の整備を行い、完成後は、土地・建物を釜石市が買い取ることとなっている。

なお、第II期の建物竣工は、2015年2月下旬を予定し、早期入居の実現を目指す。

(画像はプレスリリースより)

「見守り」を兼ねたコミュニティの醸成
第II期整備計画は、限られた敷地の中でスピーディーに整備するため、工期が短く、経済性が高い鉄骨造及びスチールハウス等の鋼構造を採用している。

復興住宅は、8階建ての高層棟と5階建ての中層棟、3階建ての低層棟で構成され、住宅棟の中心に中庭を配置。1階に見守りの拠点施設としての機能を併せ持つ「集会所施設」、及び「災害備蓄倉庫」を設置し、屋上には「太陽熱温水設備」を設けるなど、効率的に温水を供給することも可能だ。

また、デッキで住棟間をつなぎ、棟ごとの入居者の回遊性を高め、廊下部には、「コモンテラス」や、「コモンバルコニー(幅広バルコニー)」を設け、住民同士の交流促進、さらに、高齢者・単身者の「見守り」も兼ねたコミュニティの醸成を図るとしている。

地鎮祭開催
なお、着工に際し、3月7日(金)10時より、釜石市上中島町復興公営住宅第II期 敷地内(岩手県釜石市上中島2丁目、3丁目)にて地鎮祭が執り行われる。

受け付けは9時30分からで、取材を希望する人は、現地まで直接来るよう呼びかけている。


▼外部リンク

新日鉄住金プレスリリース
http://www.nssmc.com/

釜石市
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/

新日鉄興和不動産
http://www.nskre.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る