日本初のスマートハウスを活用したフューチャーセンター、7月に誕生

更新219

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 省エネルギー>
  4. 日本初のスマートハウスを活用したフューチャーセンター、7月に誕生

日本初のスマートハウスを活用したフューチャーセンター、7月に誕生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月19日 21:00

施設一体型フューチャーセンター誕生
キッザニア東京を手がけたUDSは2月18日、鹿児島県薩摩川内市の次世代エネルギーを活用したスマートハウス実証事業が、2月12日より建築工事の公告を開始し、7月に施設一体型のフューチャーセンターとして誕生する予定であることを発表した。

この施設は、市民が気軽に集い、次世代エネルギーを取り入れたスマートな暮らしを身近に体感できるもので、「市民との対話」の場を自然な形で設けられる画期的な取り組みで、地方自治体運営では日本初となる。

(画像はプレスリリースより)

「市民との対話」の重要性
フューチャーセンターとは、企業・政府・自治体などの組織が中長期的な課題の解決を目指し、対話を通じて、新たなアイデアや問題の解決手段を見つけ出し、相互協力の下で実践するために設けられる施設のことだ。

鹿児島県薩摩川内市は、次世代エネルギービジョンを2013年3月に策定、「次世代エネルギー」に関して、市民意識の向上と対話を目指すまちづくりを進めている。

今回のスマートハウス実証事業では、次世代エネルギーを取り入れたスマートな暮らしを体感できる施設として、ライフステージに合わせた住まい方の仕組みと、市民との対話の場として多様な用途での施設利用が可能となる。

UDSでは、その施策を推進する上で、「施設一体型フューチャーセンター」の運用を提案したという。

UDSの今後の取り組み
UDSが提案する「施設一体型のフューチャーセンター」の強みは、企画・設計・運営までを一括してコーディネイトすることにより、市民の対話を生み、問題解決に結びつけるという点において、より高い効果を狙えることだという。

UDSは、新規事業として、今後は企業や地方自体の「施設一体型フューチャーセンター」の企画・設計・運営に積極的に取り組んでいきたいとしている。


▼外部リンク

UDSプレスリリース
http://prw.kyodonews.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る